節税のお悩みを解決!

会社経営の中での悩みといえば節税対策ですよね。「どの節税対策が効果的なのだろう」という疑問にお応えしています。また、基本的な節税対策の知識をまとめています。

法人税の節税に関するQ&A

どうして節税対策が必要なの?

決算で黒字の場合はその分の税金を収める義務があります。しかし、事業が赤字に陥っても今まで払った税金が戻ってくるわけではありません。節税をしておくことで手元に残るお金を残したいという思惑があります。

節税対策はどんなものがあるの?

物品購入で節税対策をする場合があります。しかし、赤字に陥ってもその物品購入がお金にはならないので難しいところです。

じゃあ効果的な節税対策って?

将来的に赤字になってしまった時にお金になる節税対策として保険があります。節税対策に詳しいプロに相談すると、どんな保険があるか教えてくれるはずですので、会社経営者などは聞いてみるといいでしょう。

会社の税金

男女

法人税とは会社の年間の所得にかかる税金で、国に支払う税と地方に支払う税の総称のことです。所得の種類に関係なく課税されるので節税対策が必要になります。事業年度の終了の日の翌日から2ヵ月以内に管轄内の税務署に確定申告し、法人税を納入しなければなりません。

保険を活用しよう

パソコンを操作する人

保険はうまく活用すると法人税対策になります。例えば、掛け捨ての保険は保険料の全額を費用に計上できるので、保険料の22%を節税することができます。これは保険に個人で加入するより、法人で加入した方が22%も安く保険に加入できることになるので、かなりお得になります。もし会社の代表者に万が一のことがあっても、会社に保険金が入るので将来の不安も少なくなります。中小企業などは社長に不幸があった場合、会社が危機に陥る可能性が高いので、生命保険は節税だけでなく会社を守ることにもなります。

保険料を損金として計上

法人で保険に加入すると、保険会社に支払う保険料を損金として計上できるので、運転資金にまだ余裕がない時期に法人税を抑えたい場合などは有効です。例えば会社設立してから1~2年位で資金の調達がままならない時期は、運転資金を確保しておきたいでしょうから節税対策になります。保険も様々な種類があるので、会社の都合にあった保険を選ぶことができます。また時期を見て解約すれば、解約返戻金も受け取ることができるので運転資金に回すこともできます。

会社を守れる

法人税対策として保険を活用すると、節税だけでなく会社自体を守ることもできます。最近の保険では保証が厚くなっており、社長に万が一のことがあっても会社の存続をはかることができことができます。個人の生命保険では死亡や高度障害で保険金を受け取ることができますが、法人で加入した場合、死亡や高度障害にならなくても保険金を受け取ることができます。中小零細企業では社長に万が一が起きた場合、会社の運営が止まってしまうことがあるので、保険を利用することは非常に有効です。

広告募集中