HOME>注目記事>自動車保険に賢く加入!口コミを参考に選ぼう!

言われるがままに加入していませんか?

自動車保険はどれも同じと思っている人が多いかと思います。しかし、その安易に加入している保険にも実は無駄が多いかもしれませんよ。自動車保険に関するコラムを参考に加入を検討してみましょう。

自動車保険を選ぼう!通販型と代理店型の違い

通販型

直接ユーザーが保険会社とやり取りする自動車保険です。会社を挟まない分料金がリーズナブルで、徐々に普及しています。しかし、通販型は年々多くなっている分、選ぶ時は慎重さが必要です。口コミなどを元に、信頼できるところを選びましょう。

代理店型

自動車を購入した際に保険代理店等で加入するものです。保険料は割高ですが、車を購入すると同時に加入することができるので安心です。

自分でカスタマイズする

車

自動車保険は大きく分けると相手への補償、自分や搭乗者への補償、自分の車への補償、オプションから成り立つ損害保険です。相手への補償には「対人賠償」「対物賠償」、自分や搭乗者への補償には「人身傷害」「搭乗者傷害」「自損事故」「無保険車傷害」、自分の車への補償には「車両保険」があります。このうち自動車保険の基盤となるのが対人賠償と対物賠償で、いずれの自動車保険にも必ず付帯します。その上で、保険会社に応じて人身傷害保険や無保険車傷害保険などが基本補償として自動付帯しますが、自動付帯する補償以外はユーザーが自身で必要だと思う補償を選んで付帯させることになります。必要な補償は口コミを参考にしましょう。

必要な補償はどれ

車

自動車保険は補償を充実させるほど保険料が高くなり、ユーザーによっては必要ない補償もあるので、カーライフを考えてカスタマイズする必要があるものです。例えば人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、契約中の自動車に搭乗する自分と同乗者が事故により死傷した際に保険金が支払われる仕組みの補償なので、どちらも付帯させると補償が重複するとされています。具体的には人身傷害保険は実損の支払い、搭乗者傷害保険は定額の支払いという差がありますが、無駄のないように口コミを参考にしながら検討するのがおすすめです。

決め手は対応力

車

どのような補償内容を組むかは事故の損害をカバーするためには重要ですが、それ以上に保険会社の対応力によって、その自動車保険が使えるかどうかが決まります。最終的に保険金の支払いは保険会社が行うため、保険会社が動かないことには損害を補償することができません。中には事故対応力が悪い、保険金の支払いが遅い、態度が横柄だなどというトラブルもあるだけに、どこの保険会社も同じとは思わずに口コミを確認しましょう。

広告募集中